« 至高の一枚。 | トップページ | いかんともしがたいジカード。 »

2017年7月16日 (日)

夢見たあの頃。

以前少し触れた事もありましたが、NBAにハマって以来は
それまでの自分の趣味の中でも多くを占めていた「ゲーム」にも
少なからず影響を与えました。

まだまだ日本でのNBA人気もあって、ゲームも色々出てました。
おそらく初めて買ったのはコナミの「パワーダンカーズ」という
シリーズだったかと思いますが、管理人は小さいころから
ゲームは「アーケード版至上主義」が強かったせいもあり
時間があるととにかくゲーセンに足を運んでいたのです。

そんな中ハマったアーケード版のゲームで思い出深いものが
二つほどあります。
まず最初にハマったのがコナミの「スラムダンク」というゲームです。
後に同名アニメのゲーム(確かバンプレスト製)も出ましたが
こちらはリアルなグラフィックの疑似3Dタイプのゲームでした。
ただNBAの権利を取得したものでは無いので、選手やチームは
ふわっとイメージできる程度のものだったはずです。(^-^;
それでも動きの一つ一つのアニメーションが良くできていて
プレーにかなりの迫力を感じた覚えがあります。
難易度はかなり高めで緊張感がすごかったですが
・・・まぁこれは当時のゲーセンのゲームでは当たり前の調整で
特に気にしていませんでした。
回転率を稼ぐ為に途中から急激に難しくなるのはアーケードゲームの
常識なので。(;´Д`A ```

そしてそれからまたゲームが進化した後にハマったのが・・・
セガの「バーチャNBA」でした。
当然こちらは権利もので名前もチームもバッチリ。
セガはこれ以前に「バーチャストライカー」で大ヒットを生んでいましたが
正直この流れでバスケを作ってくれるとは予想していませんでした。
当時の家庭用では再現できないグラフィックで、自分が良く知る
選手がどんな動きをしてくれるか楽しくて、毎日のようにプレーしたものです。
まぁ・・・・海外も意識して作られたのでしょう、顔はかなり濃いめで
動きはかなり重め。
昨今のようなスピーディーな流れるようなプレーは皆無のような
ゲームだったと思います。
いや、自分がヘタだっただけかも。(;ω;)

今でもたまにこの二つのゲームを久しぶりに触ってみたくなる事が
ありますが、多数のレトロゲームが最新マシンで遊べる時代とは言え
この辺のマニアックなゲームは配信されたりしません。(^-^;

ところで・・・・・バーチャNBAが登場してからと言うもの、
ずっとセガに期待し続けていたものがありました。
それはバスケゲームの育成ものです。
家庭用で言えば「サカつく」、アーケード版で言えば「WCCF」にあたる
ものを出してほしいと願い続けていました。
しかし結局叶わず・・・。_| ̄|○

そう言えばアプリゲームでカードを使ったものがありますよね?
弟が少しやっているようで課金ナシでもそれなりに遊べるようですが
どうも自分が望んでいるような感じとは違うっぽくて
手を出していません。
結構やられてる方って多いんでしょうか?

« 至高の一枚。 | トップページ | いかんともしがたいジカード。 »

雑談」カテゴリの記事

コメント

自分もバーチャNBAははまりましたね
もちろんサンズでプレーしてましたがバスケのアーケードゲームはもう出ないかもですね

>sugarしんさん
 おお!やってましたか、バーチャ。(゚▽゚)
 サンズはキッドとペニーの頃・・・・でしたっけ? 
 自分は当然ウルブズと、安定した強さがあったレイカーズでよくプレー
 してた記憶があります。
 とにかくスピード自慢の選手で速攻出しても、ドタドタと走って
 もどかしいゲームでした。(^-^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 至高の一枚。 | トップページ | いかんともしがたいジカード。 »