カード紹介

2018年6月 2日 (土)

到着。

以前の面倒なトラブルで、あまり関わりたくなかったレデンプション
でしたが、それ以降久しぶりに仕方なく登録したカードが先日届きました。

このブログの開封結果でもご紹介しましたコチラです。



Img_2173

グラスカードです。

・・・なんだか妙な構図でスミマセン。(^-^;
スキャンではうまく映らないし、カメラで撮影しようとすれば
そのクリアっぷりから色んなものがくっきり映り込んでしまって・・・。

グラスカードの実物自体、初めてだったのですが
おおむね想像通りのものでした。
初代の頃のカードは確か背景写真もエッチングされてたと思うのですが
まぁこのカードはあんまりゴチャゴチャしたものを含んでいない方が
「美しさ」は際立つのかも。

一応厚さ5mmあるカードがホルダーケースの中に入っていますが
当然と言うか、もっと厚さが無いと同技術の置物などのように
中の写真を立体的に表現はできないですね。
いっそ割り切ってもっと厚くして立体感出しちゃえばいいのに。( ̄▽ ̄)

と、言う事で今回のレデンプションは揉めることも無く手元に
・・・・と言いたい所ですが、どうにもスッキリとはさせてくれません。
細かい事ですが、外側のホルダーが中古でも使ってんのかってくらい
擦り傷が多くて、グラスカードの真の美しさが実感できていません。
封筒の中で緩衝材に擦れてできたものなのか・・・。
これがまだホルダーありきのカードで無いので、中を取り出しちゃえば
いいんですけど、グレーディングしたものだったりホルダーありきの
カードだったら眺める度に興ざめです。(`ε´)
メーカーの人間の中にもコレクターっているでしょ?
もっと察しなさいよ。

今回のカードは後々ホームページにも反映しますが
条件付きでトレード可能ですので、何かございましたら
お気軽にお問合せ下さい。

| | コメント (0)

2018年5月 8日 (火)

魅惑のアセテート。 その2

大好きなアセテートカードをご紹介するシリーズです。
第一回目を書いたのが去年の11月・・・

・・・・・・・・・・
約半年ぶり!?Σ( ̄ロ ̄lll)

まぁ待ち望んでる方がいらっしゃる訳でも無いので
気ままに、気ままに。

では今回の1枚目。



9798flekigso

これは人気もあって、収集されている方も多かったですね。
デザインもいいし、確かホビーボックスから2枚くらいのオッズだったと
思いますが適度な集めやすさも良かったと思います。
ちなみにリテイルに紙製のダウングレード版(?)があって
デザインは同じでしたが、魅力は桁違いでした。

管理人もこのブランドはしこたま開けたので、結構な枚数を
所持していたと記憶していますが、手元にあるカードではコンプしていません。
どの選手のものも見覚えはあるので、ちょこちょこトレードで
使ってしまっていたんでしょうね。
あとは当時から「ジョーダンを入れて欲しかった」と思っていました。


つづきましてはコチラ。


95clakg

収集対象外のカレッジブランドものの一品です。
ガーネットはハイスクールですけどね。
背景部分がほとんどクリアなシンプルデザイン。

有難い事にトレードしていると、お心遣い頂いてガーネットを
プレゼントしたくださる方がたくさんいらっしゃいまして
昔からとても助けられています。
収集対象外でもこうして頂いたものはとても嬉しいので
ちゃんと他と同じように大切に保管しています。

まぁ元々「カレッジものはベケみても全部は把握できないから」という理由で
最初に収集対象外と決めたのですが、実は少し前に初めて年ベケを
購入した事によって、大体把握できてしまいました。(^-^;
だからと言って、改めて募集してもそうそうお持ちの方もいらっしゃらないのは
目に見えていますので、余裕ができたらシングル買いでもしようかな、と。


続いて3枚目。


1314innsgad

少し前にご紹介しました、INNOVATION の STAINED GLASSの
13-14シーズン版です。
収集している前年版よりラインナップも25%オフで若干集めやすくなっている感は
ありますが・・・・デザインが好きになれませんでした。
どこがどう、とは明確に言えませんが・・・一つ挙げるなら
サイドの黒の余白が気になる。(^-^;
ここをひと手間かけてステンドグラスのラインに合わせてダイカットしてあったら
集めてたかも知れません。

そして、今回最後にご紹介するのが


9697flegbirkg

FLEER の GAME BREAKERS です。
チームメイト同士の組み合わせで、センターに走っている亀裂部分が
透明になっています。
チームメイト同士のコンボも好きだし、デザインもカッコいいです。
この後もFLEERには伝統的に同名のカードが「大当たり」的な
位置づけでラインナップされていきますが、毎回デザインや仕様が
大きく変わっています。
ちなみに個人的には97-98のものが、デザイン、加工、テーマ(チームメイトもの)
全ての面で歴史に残して良いレベルだと思っています。
特に当時ロドマンコレクターでもあった自分にとって、ブルズのカードが
ジョーダンとの組み合わせにピッペンでなく、ロドマンをチョイスしていた事に
興奮が止まりませんでした。ヽ(´▽`)/
まぁ・・・・結局入手はできませんでしたけど。(;ω;)

| | コメント (0)

2018年5月 6日 (日)

頂きもの。

ちょっと前の話になりますが・・・

今年も無事誕生日を迎える事ができました。ヽ(´▽`)/

どうか・・・
どうか、無事厄が終わっていますように。

歳がバレますね。


さて、いつの頃からか誕生日には弟がカードをくれるのが
恒例になっています。
「まぁ、カードやっときゃ間違いないっしょ。」
ってコトなのかな?

・・・・うん。間違いないッス。


で、今年頂いたのが





1415seltdkg

タイダイ。
しかもファーストナンバー。


うむ。くるしゅーない。( ̄▽ ̄)

兄のツボをよく知るできた弟です。
ありがとうございます。m(_ _)m

| | コメント (0)

2018年5月 5日 (土)

Back to 03-04

GWももう終わりですね。
皆さん、満足な時間を過ごせましたでしょうか?
管理人は前半で姪っ子甥っ子たちに癒されるも
後半は反動でちょっとした虚無感に襲われてたりします。(^-^;

久しぶりの更新になってしまいましたが
以前書いていたシリーズの続きを書いておこうと思います。

時は03-04シーズン。
コレクターたちにとっては・・・
「レブロンかメロのオートを引き当てる」
これが最重要課題でした。

史上稀に見る当たり年と言われたルーキーたちですが
ほとんどの人の狙いがこの二人だったのではないでしょうか?
ドラフト後しばらくはまだウェイドもそれほど目立った活躍はしていませんでした。

そうした状況の中で管理人はと言えば・・・

前年同様、懐にあまり余裕が無かった頃。(;ω;)
気に入ったブランドがあってもいくつも追うような事もできず
チョビチョビ開けていくしかなかったのです。

とあるコレクターさんがレブロンとメロのデュアルオートを引かれるのを
目の当たりにしたりしてヨダレが止まらない状態の中、
このシーズンで唯一引けたのが、メロのオートでした!
・・・と言うかよくよく考えてみればメロのオートを自引きしたのって
この時が最初で最後かも・・・。

そんなメロのオートを引けたブランドが


04fgikg 04fgistkg 04fgitotgkg

「GENUINE INSIDER」というブランドです。
お馴染みだった「GENUINE」ブランドにINSIDERの要素をプラスしたものです。

・・・ハイ。
馴染みのない方には意味分かりませんよね?( ̄▽ ̄)
ようは色々「中」に入ってます。
カードのサイド部分が引き出しのようになっていて、そこを引っ張り出すと
メモラやオートが隠れているのです!

・・・・・・・ハイ。
当時からこれに魅力を感じた方はほとんどいらっしゃらなかったと思います。

自分が当てたオートも引き出し型で、引き出し部分は結構小さいので
まぁオートがせまっくるしい感じでした。

FLEERは迷走感がヒドく、もうこのシーズンの終わりくらいまでには
自社の終結が見えていたんじゃないかと思います。
次のラストシーズンにかけて意味の無いパラレルがぐちゃぐちゃに増えて
メモラやオートなどの在庫を処分しているかのようでした。

ただこのシーズンで唯一の救いだったのは・・・
上記の「命題」を除いたら、何度も開けたくなるような魅力的な
ブランドは個人的に少ないと感じていました。

気に入っていた記憶があるのは・・・

04exkg 04execfkg 04exbbkg

安定した魅力と面白さがあった「E-X」と

04bckg 04bcrkg 04bcxfkg 04bcgrkg

ノーマル版とクローム版が一緒に楽しめる「BOWMAN」でしょうか。

どちらもパック勝負がメインでしたが、それでも十分に楽しかったですね。

思い返せばこのシーズンは、レブロン人気に乗じたUDが「超高級版」なんてものを
生み出した年でもありましたね。
「ULTIMATE」でさえ高嶺の花だった管理人にとって、初めて「EXQUISITE」の発売を
知った時は・・・

「誰がそんなモン買うんだ!?」

と思いましたが・・・世界中にはお金持ちコレクターさんがわんさか
いらっしゃるんですよね。(^-^;
ルーキー人気もあってすぐに定番化した超高級版はPANINIにも
しっかり受け継がれて、自分には縁のないブランドが増えまくっています。

最後に。
この年に気に入ったセットには、当然レブロンが入っている事が多く
プライス的にも入手は困難だった訳ですが、心の中では
いつかプライスも落ち着いて入手しやすくなるでしょ・・・
なんて思っていました。
ところがそんな考えも裏切られ、未だに埋まっていないレブロンのカードは
当時より上の値段になっているものがほとんどです。

「早くコンプしたい!」と思ったまま、ずっと止まっているセットの一つが

04spsrlpca1 04spsrlpdw 04spsrlpdm
04spsrlpcb 04spsrlplw 04spslrpdw1

「SP SIGNATURE」のROOKIE LOGO PATCHです。
あとレブロンだけなのに・・・当時80とかだったかなぁ・・・。
その後100くらいまで上がってしばらくステイしていましたが、ある頃に
レブロンのルーキーカードが軒並み一段階プライスアップしだして・・・
今や200ドル。(;ω;)

とは言え当時からお持ちの方もあまりお見掛けしませんでしたし
入手できる見込みがあった事が無いので、「あの頃入手しておけば」
と言う悔しさはありません。

気長に探していこうと・・・

・・・・

・・・・・・・気長に?

今更気になったのですが・・・・このロゴパッチ部分ってゴム製なのですが
・・・・・・・
経年劣化とか・・・・しないですよね?(;´▽`A``

| | コメント (0)

2018年4月23日 (月)

頂きもの。

気づけばもうすぐGW・・・。

何かとバタバタしている間にプレーオフもどんどん進んでいますね。
試合観戦や結果のチェックは忙しい中での楽しみの一つですが
観戦に関しては基本的に視線は仕事の方に向いているので
音メインで楽しんでいる感じですね。(^-^;
盛り上がった瞬間に目を移しますが、それだと遅いので
リプレイ再生待ちになります。

観戦・・・・いや、聴戦ですね。

さて、少し前になりますが以前からお世話になっているコレクターさんに
カードをプレゼントして頂きました!


それがコチラ。



1213innsgjn

以前ご紹介したステンドグラスの未所持です!
記事を見て頂き、お声がけ頂いたうえ・・・無償で送って頂くという・・・。
本当にありがとうございます!

やっぱり種類が多いセットはコンプへ一歩近づく度に嬉しさがこみ上げますね!

| | コメント (0)

2018年3月11日 (日)

初公開収集物。

長らく放置してしまっていますが、なかなか時間が取れない状況です。(;´Д`A ```
実は昨年末に長年お仕事させて頂いていた雑誌が休刊となってしまい
現在は新たなお仕事に向けて動いている状態だったりします。

いつもの如く、kikiraratoraさんの企画には参加させて頂いているので
届き次第またクイズをやる予定でいますので、皆様のご参加お待ちしております!

さてさて。

今回ご紹介するカードは以前から収集していたカードなのですが、
当時何となく「集めようかな」的な事を書いた記憶はあるものの
HPやブログなどで募集などはしなかったカードです。
募集しなかったのには特に理由はありません。( ̄▽ ̄)
なぁんとなく集まればいいかな、なんて考えていたからかも。

それがコチラ。

1213innsg001
1213innsg002
1213innsg003
1213innsg004
1213innsg005
1213innsg006
1213innsg007
1213innsg008
1213innsg009



12-13 INNOVATIONの「STAINED GLASS」です。
アセテート製のステンドグラス調カードと言えば、過去のTOPPSものも
お気に入りでコンプしていますが、こちらも当時から気になっていたものでした。

とは言え・・・・ボックスで1枚出るか出ないかくらいのオッズで
全100種類と言うかなりキツイ仕様なので収集するかどうかで
何度も躊躇し、そして「無理なく集める」スタンスに着地したのです。
現在の所持は上の52枚なのでまだ半分なんですよね。(^-^;

基本的にはプライスはかなりお安めです。
ただ一部のスター選手とこの年のルーキーだけは高めで
所持している中ではルーキー扱いになるリラードが一番の高額です。

TOPPS版に比べると・・・地味な色合いで統一されている点が残念。
TOPPS版はグラス部分にチームカラーが反映されておりとても鮮やかですが
このカードではブランドロゴ部分にチームカラーを反映させるという
謎なセンスを見せていています。

今更な募集ではありますが、もし上の画像に無いカードをお持ちの方が
いらっしゃいましたらトレードよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2017年11月19日 (日)

行くか、それとも引くか。その7

NBAは出足の混沌とした状況から、スタートダッシュに成功した
チームの中でも依然好調をキ-プしているチームと、いつも通りの
感じに戻ってきてしまっているチームに分かれてきましたね。
ルーキーに面白い存在も多く、今シーズンのカードもいい加減
手を出したい所ですが・・・ひとまず今は我慢です。(^-^;

さて、今回ご紹介するのは過去に何度も収集しようか迷ったカードです。
それがコチラ。

0001exnb
全てトレード可能

00-01 E-XのNO BOUNDARIESです。
始めにパックから一枚引いた時は、「ふーん」とう感じでした。
KGを入手した際にも特に思い入れも無かったと思います。

でも・・・あるきっかけで手持ちの4枚をまとめてみた時に
すごく魅力的に見えたのです。
簡単に言えば「色合い」ですかね。
メタリックな加工が施されているのでスキャンでは少し分かりにくいですが
選手ごとに違う背景色が実際はもっと鮮やかで、並べるとすごく
キレイな感じになります。
そうなると「全部並べてみたい」と思うのは必然。

でも結局未だに収集に至っていません。
このカテゴリで今までご紹介したカード全般に言えるのですが
「収集してみようかな」と思うタイミングが遅い事が多いんっですよね。(^-^;
トレードで募集してもなかなか簡単には進まないので
「まぁいっか」となってしまいます。

皆さん、気になったカードは早めの入手をお勧めします。ヽ(´▽`)/
ルーキーとか値段の移り変わりが激しいものは
なかなか難しいんですけどね・・・。

| | コメント (1)

2017年11月 9日 (木)

魅惑のアセテート。その1

管理人が好きなカードのジャンル・・・
それは「アセテートカード」です。
昔から紙製とは違う質感や光沢に心惹かれ
収集しようか迷ったセットも数知れません。
あらゆるアセテート製カードを、1セット1枚づつ集めようかと
思った事もありました。

と、言う事で現在の自分の手持ちから、色んなアセテートカードを
ご紹介してみようと思います。

今回の1枚目は

97schhbk

97-98 STADIUN CLUBの「HARDWOOD HOPEFULS」です。
比較的カラフルだったり明るい感じが多いアセテートカードの中でも
非常に落ち着いた色合い。
これをなぜアセテート製にしようと思ったかは謎ですが
・・・嫌いじゃないです。( ̄▽ ̄)
でも、あんまり人気は無かったように思います。
メンツが確かこの年のルーキーたちだったと思うので
割と玄人好みの選手が多いんですよねぇ。(^-^;
Tマックも当時はまだ台頭する前でしたし。

続きましては・・・

00tusakg_2

収集選手が含まれていないと、なかなか手を出しにくい
2000年のUSA代表カードです。
このブランドはレギュラーカードが全てアセテートカードになっていました。
・・・・・・
まぁそれ以外このカードに特徴は無いです。(^-^;
ただやはり収集選手が代表にいると避けられないブランドなんですよね。
メモラ欲しさもあってちょくちょく買っていました。


3枚目は・・・・

00finhtajs_2

クローム加工とリフがウリであるFINESTに封入されていた
アセテートカードです。
背景は空ですが、淡い色でほぼ全体で後ろが透けています。
実際見るとこざっぱりで味気なくも見えますが、この透明感が
アセテートらしさをこれでもかと見せつけくれます。
つまりは、アセテート好きの為のカードですね。ヽ(´▽`)/


そして今回ご紹介する最後のカードが・・・

0304exbbkg

レギュラーカードでもアセテートが使用されているE-Xに
封入されていたカードです。
デザインが素晴らしい!
シールを張り付けたオートバージョンがありますが、せっかくの
デザインの一部を潰してしまっていて台無しです。
これは当時から収集したいなぁと思っていましたが、
簡単に当たるカードでは無く、お持ちの方もあまり見かけませんでした。
でもベケを見てみたら、かなり安いんですね・・・・。
もったいないなぁ。(;;;´Д`)

| | コメント (0)

2017年10月28日 (土)

行くか、それとも引くか。その6

今回は一つのブランドから、3つのインサートをご紹介します。
それは・・・
「00-01 FLEER MYSTIQUE」です。
改めて調べて見れば各インサートそれなりに揃っていた訳ですが
・・・思い返してもそんなに購入した記憶も無いんですよね。(^-^;

このブランドの一番の特徴は、TOPPSの名インサート同様
インサートカードやパラレルにはそれが何か分からないように
表面(裏面も・・・だったっけな?)にシールが貼られていた事。

正直それ以外は特に目立つ特徴は無かったんですよね。
そんな印象だったせいか当時箱では買わず、パックでちょこちょこ
摘まんでいたはず。

ただ今見返すと。それぞれのインサートごとに雰囲気も
デザインも異なっていて、とても拘っているように見えます。
そんなインサートの中から、まずは・・・


0001mysnbaw

「NBAWESOME」です。
アセテートの光沢ある表面に水彩画タッチの淡い色使いで
あまり他にはない独特の雰囲気が出ています。
確か比較的で安いオッズだったかと・・・。
全10種なのでまだ半分も無いですね。

続きましては、


Midmen001
Midmen002

「MIDDLE MEN」です。
カードいっぱいに写真を使い、選手以外を波紋状のエフェクトで加工し
仕上げにホロをかけてとてもカラフルな感じです。
こういうエフェクトもあまり他に見ないのでやっぱり独特。
こちらも全10種なので残り4枚です。

そして最後に・・・


0001mysfae

「FILM AT 11」。
これは文句なしでデザインが素晴らしいです。
一応ホロで光っていますが、個人的には無くても良かったと思う程。
このカードだけは昔から気に入っていたので、全部が自分で引いたものでは
無く、シングルで買ったものもあります。
これまた全10種ですが、KGはここに載っていないだけで所持していますので
残り4枚ですね。
ちなみに・・・・このカードには名前にちなんだ11枚限定の極悪パラレルが
存在します。(;´Д`A ```
画像でしか見た事が無いので。「TOP STORY」という表記が加わっている
以外に加工などに違いがあるのかどうか未だに謎です。


さて、
こう並べてみても、やっぱり本来のこのブランドの特徴以上に
全体的にデザインセンスの光るブランドだったんだなぁ、と気づかされます。

と、言う事で・・・
できれば上の3つ全てコンプしたいと思っていますので
もしお持ちでトレード可能な方、ぜひお声がけください!m(_ _)m

| | コメント (0)

2017年10月23日 (月)

序盤の楽しみ。

今シーズンはスター選手の移籍が多く、序盤はそれぞれのチーム状態を
確認しながら試合を見るのが楽しいですね。

そんな中でもう一つの楽しみは、「若手選手の成長」です。
オフシーズンに練習を積み重ねた成果や、
チームのロスターの変化によって出場時間が増えて経験を得たり
すでに地位を確立したスターたちのプレーとは違う楽しみがありますよね。

そしてカードコレクターであれば、自分が過去に引いた選手が
成長していると「おっ」となり、もう一段階この状況を楽しめてお得。ヽ(´▽`)/

まだシーズンは始まったばかりですが、先日見た試合で
「おっ」となったのが・・・




1617bgrjaptr

BLACK GOLDで引いたロジアー。

能力の高い選手が多いチームの中でも、しっかり存在感を現していました。

頑張れロジアー!(`Д´)ノ

| | コメント (0)